無呼吸症候群の原因や改善方法をご紹介|健康を保つためのコツ

白衣を着た男女

長期的に注意が必要です

体調の悪い女性

潰瘍性大腸炎は、乳児から高齢者まで、いろいろな年齢の人にみられる病気です。進行すると合併症なども引き起こすため、注意が必要です。また、潰瘍性大腸炎を発症した人に、がんの発症率が高いといわれています。7年以上たっても、がん検診を受けるなどして、気を付けるようにします。

Read More

がんを全身から追い出す

カウンセリング

樹状細胞療法は患者自身の持つ免疫細胞の働きを高めることで、がん細胞を排除する治療法です。自分自身の細胞を利用した治療法のため、副作用が少ないのが特徴です。化学療法や放射線治療など、他の治療法と併用して用いられます。

Read More

睡眠時の呼吸を正常にする

現代病の予防になる

眠っている男性

無呼吸症候群というのは、寝ている時に呼吸が一時的に止まったり乱れる症状を言います。睡眠時に呼吸が乱れるのは、主に二種類の原因があり一つは舌が落ちたり扁桃腺の肥大などにより気道が塞がれて空気の通り道が確保できないことです。もう一つは、心機能の低下などで脳に上手く呼吸の指示が伝わらないことです。無呼吸症候群は、自覚症状がないので気づきにくいですが多くの人が発症しているとされています。男性に多いですが女性でも発症することがあり、必ずしも肥満体型の人だけがなるわけではないですが現代病との関連が強いので肥満を改善してお酒を控えることが予防になります。特に中高年世代に多いので、症状改善や予防のためにも理想の体重の維持と節酒は欠かせません。

運転には気を付ける

無呼吸症候群は、重度になると日常生活に支障が出ることもあるので早めに内科を受診します。病院で治療を受けることで、ある程度睡眠をコントロールすることが出来ますが気道を塞ぐものが原因となっている場合は外科などでそれを除去する方法も取られます。無呼吸症候群で最も気をつけたいのが、日常の車の運転です。無呼吸症候群の人は、呼吸が乱れることで安眠できずに夜中に何度も目を覚ましたり寝汗をかくなどして十分な睡眠が取れていないことが多いです。その不眠によって、体のだるさや頭がぼーっとするなどの症状が起きますが居眠り運転の確率が上がることも報告されています。無呼吸症候群が思わぬ事故につながることもあるので、早めに治療を始める必要があります。

今では治療も可能に

医者と患者

悪性リンパ腫は白血病と同じく血液のガンと言われている病気であり、リンパ節の腫れやしこりが多く見られる病気です。以前は不治の病とされていた悪性リンパ腫ですが、現在では放射線治療など適切な治療を受けることで治療が可能になっています。今後も医療技術の進歩によって平均生存率は益々延びると考えられています。

Read More