無呼吸症候群の原因や改善方法をご紹介|健康を保つためのコツ

診断

長期的に注意が必要です

幅広い年齢層にみられます

体調の悪い女性

潰瘍性大腸炎は、腸管全体にわたる粘膜の潰瘍です。おもに大腸の表層粘膜にびらんや潰瘍を形成する腸炎で、乳児から高齢者まで、幅広い年齢層にみられる病気です。症状は、粘血便を繰り返したり、継続したりする、下痢、腹痛、発熱などがみられます。通常、発症は穏やかな症状で始まり、徐々に慢性化していきます。症状が強い時期が終わり無症状の時期に入っても、腸の状態の悪化は続いていることが多いです。潰瘍性大腸炎は、びらんや潰瘍のできた腸管の部位によって、全大腸炎型、左側大腸炎型、直腸炎型に分けられます。合併症としては、大腸狭窄、大出血、穿孔、中毒性巨大結腸症、関節炎、口内炎、膵炎などがあります。潰瘍性大腸炎の原因は、まだ明らかにされていません。

食事内容にも配慮します

潰瘍性大腸炎を発症して7年以上たった人に、がんの発症率が高いということがいわれています。そのため、1年に1度は、腸全体の内視鏡検査と大腸10センチごとの生検組織検査を行い、がんの早期発見に努めるように気を付けます。また、精神的、肉体的ストレスが病状を悪化させるため、普段から心身の安定した状態をつくることが大切です。食事の内容にも気を配るようにします。高たんぱく、高カロリー、高ビタミンで、消化の良いものを食べるようにします。アルコールや香辛料などの刺激物は、腸を刺激して症状を悪化させるおそれがあるため、避けるようにします。患者さんが高齢者の場合は、特に気を付けるようにします。高齢者は重症化することが多いためです。