無呼吸症候群の原因や改善方法をご紹介|健康を保つためのコツ

診断

がんを全身から追い出す

免疫細胞でがんを攻撃する

カウンセリング

樹状細胞療法は免疫細胞療法の一種です。がん治療においては化学療法や放射線治療と併用されています。免疫とは自己でない異物を排除しようとする体の働きで、誰しもが持っている仕組みです。その免疫の仕組みに関わっているのが樹状細胞です。樹状細胞の他に免疫にかかわっている細胞にリンパ球があります。リンパ球は実際に異物を攻撃する細胞です。樹状細胞はこのリンパ球に指示を出す役割をしています。リンパ球は、樹状細胞から排除する対象となる異物の特徴を示されることで、体内の異物を認識して攻撃することができるようになります。樹状細胞にがん細胞を認識させる方法は、患者から採取したがん細胞由来の物質を使う場合と、人工的に合成したがん細胞の目印を使う場合があります。

副作用が少ない

樹状細胞療法では、患者から取り出した樹状細胞にがん細胞の目印を取り込ませて再び体内に戻します。元々自分の持っていた細胞を使っているため、副作用が少ないのが特徴です。化学療法では、用いる薬品ががん細胞だけでなく健康な細胞も攻撃してしまうことで副作用が起こっています。樹状細胞療法では免疫の力を利用するため、自己と異物を見分けて作用するのも副作用が少ない要因です。免疫の仕組みは全身に及んでいるため、一部の血液がんを除いたどのがんにも効果が期待できます。樹状細胞療法は化学療法や外科手術に比べると、すぐに劇的な効果が現れる治療法ではありません。しかし全身に作用できる点と、がん細胞が小さなうちに対応できることから再発防止のために用いられる治療法でもあります。