無呼吸症候群の原因や改善方法をご紹介|健康を保つためのコツ

診断

今では治療も可能に

医者と患者

ガンは恐ろしい病気として知られていますが、私達の体の中ではありとあらゆる場所で発生する可能性があります。私達の体の中を流れている血液も例外ではなく、悪性リンパ腫は白血病などと同じく血液のガンと呼ばれる病気です。血液の中に含まれている白血球の一種であるリンパ球がガン化してしまう病気であり、40歳以上の人に多く見られる病気です。悪性リンパ腫になるとリンパ節が腫れたりしこりが出来たりすることが多く、それで悪性リンパ腫だとわかることも少なくありません。痛みなどは無いために発見が遅れてしまうこともありますが、全身に倦怠感を感じることや体重減少といった症状が見られることもあります。原因はまだ正確にはわかっていないため、早期発見には定期的な健康診断が重要です。

数あるガンの中でも治療するのが困難であり、不治の病とされていたのが悪性リンパ腫です。日本人の場合はほとんどが非ホジキンリンパ腫とされていますが、その場合は早期に発見して放射線治療を行うことでかなりの確率で治療することが現在では可能になっています。早期と呼ばれるのはステージ1から2までとされています。発見が遅れてしまい、ステージ3から4であってもきちんと専門医による治療を行うことで平均生存率が10年前後にはなっています。悪性リンパ腫と診断されるともう余命は長くないというイメージがありましたが、現在では適切な治療を行えばまだまだ十分に生きることが出来る病気であり、今後も医療技術の進歩によって更に平均生存率が延びると考えられています。